「何か新しい趣味をネットで始めたい」
「最近テレビで話題になっているネットカジノに興味がある」
「ネットカジノの違法性について知っておきたい」

日本にはたくさんの娯楽があります。
これは、日本と言う国自体が頑張ってきた証拠ともいえます。
娯楽があると言う事は、人間にとっては必要な楽しみがあると言っても良いかもしれません。
この娯楽自体は、誰でも楽しむことができますが、あくまで金銭的な余裕がある人に限られるでしょう。

日本は金銭的な余裕がある人が多い

日本と言う国は、金銭的な余裕がある人が多く、比較的裕福な関係を入れてきています。
もちろん最近の日本は、あまり金銭的に余裕がない人が増えてきていると言われています。
しかしそれでも、世界から見ればまだまだ裕福な方といえます。
世界第3位の経済大国と言うわけではありません。
もちろんだからといって、あぐらをかいていて良いと言うことではないです。
やはり一人一人が頑張ることが大事であり、それに加えて何か新しいものを作り出すことをしなければいけません。
もしかしたらそれは遊びの中で生まれるかもしれませんし、仕事の中から生まれるかもしれません。
実際にはどのように生まれるか分かりませんが、世界にとっても日本にとっても、この地球が発展する事はとても大事なことといっても言い過ぎではない位です。

今世紀最大の発明であるインターネット

今世紀最大の発明と言われているのが、ネットの存在といえます。
厳密には21世紀になってネットができたわけではなく、1990年代には既にあったと言われています。
もう少しさかのぼると、1980年代にはすでにネットと言うものが存在しており、企業間取引などで使っていたとされているわけです。
そして、庶民のもとにネットが届くようになったのは1990年代後半です。
現在の40代位が大学生の時であり、50代の人が社会人10年目位の頃、ようやくネットと言うものが人々の間に新調しました。
パソコンをよく使える人と言うのは40代から50代が比較的多く、なぜこの人たちが使えるかと言えば単純に若い頃にネットが広まったからといえます。
パソコンと言うものが1人1台の時代になったのもこの頃であり、スマートフォンはそれから10年ぐらいしてから出始めました。
スマートフォンの存在は2007年がスタートされていますが、どちらかと言えば50代から40代よりも30代から20代の人の方がスマートフォンに詳しい傾向にあるわけです。
これはやはり、その人たちが10代から20代位の頃に流行ったものだからと言えるでしょう。

1990年代から存在したネットカジノ

スマートフォンやパソコンを使った遊びの中に、ネットカジノと呼ばれるものがあります。
このネットのカジノと言うものは、歴史的に見ると1990年代からあったと言われています。
つまり、日本にまだ上陸する前の段階で、海外などで行われていた遊びです。
現在のように整備されているわけではなかったにしても、当時としては非常に斬新的な遊びの1つだったかもしれません。
今までラスベガスの中国のマカオなどに行かなければなかなか遊ぶことができなかったカジノに関しても、遊ぶことができてしまうと言うのは非常に魅力的でした。
今ではスマートフォンがありますので、その合わせ技により自宅だけでなく、出先でも遊ぶことができます。
例えば宿泊しているホテルでも学校の休み時間でもあるいは会社の休み時間でもできてしまうわけです。
中には、通勤途中に行っている人もいると言われていますが、このようにどこで利用しても自由なのはネットカジノの最大の魅力と言えるでしょう。

ネットカジノを副業としておすすめできない理由

ネットカジノの危険性と違法性

もしこれからオンラインカジノをしたいならば、ぜひ知っておきたいのはその危険性と違法性になります。
このように述べるとなんだか物騒なもののように感じるかもしれませんが、結論から言えばそれほど物騒なものではありません。
オンラインカジノといえども、法律に違反するわけでは無いわけです。
ただ、気にしておきたいのは現在のところ法律に違反したいと言うだけで、もしかしたらこれから法律に違反する可能性が出てくるかもしれません。
日本は昔から、賭博をやってはいけないと言うふうに言われており、おぼろげながらにそれを知っている人も多いはずです。
なぜいけないかと言えば、単純に国力が衰退するからです。
遊びに興じてお金をそこに使ってしまうと、人々の生活が乱れるだけでなく、国内の生産力も落ちてしまう傾向があります。
ネットカジノ違法

今後違法性が出てくる可能性もある

これは昔中国がアヘン戦争と言うものを行いましたが、正しくそれに近いものがあると言っても良いです。
ただ現在のところ違法性や危険性は無いものの、やはり今後違法性が出てくる可能性もあるため、しっかりと法律に関して見ておかなければいけません。
ちなみに、現在の法律においては日本国内の会社はオンラインカジノの主催会社になることができず、ほぼ100%海外の会社が日本に来てオンラインカジノを提供しています。
よく主催国を見るとイギリスやそれ以外の海外の国であることが多く、この事実はプレイヤーならばぜひ知っておかなければいけないところでしょう。

まとめ

つまり、もし負けてしまった場合にはその金は海外に飛んでいってしまうことになり日本の国力が衰退する原因の1つになりかねません。
つまりやるからには、絶対に方なければいけないわけです。